作業員

地震の予報を知らせてもらえるように設定しよう

作業員

防災や減災に取り組む

日本列島ではいつ大地震が発生しても不思議ではありませんが、的確に予想ができれば建物の倒壊・火災や津波の被害から身を守ることができます。現在ではさまざまな研究者が予想に取り組み、独自に成果を発表しています。

ヘルメット

過去にも大地震があります

関東地震は以前に起きてから、かなりの年月が経過しています。専門家達の意見や科学的根拠に基づいて、様々な地震予測もされています。それらを参考にして、あらかじめ関東地震に対する備えをしておけば、万が一の際にもダメージを軽減する事が出来ます。

困る人

災害の被害を少なくする

災害の中で被害の範囲がもっとも広く、2次被害、3時被害と拡大する懸念が高いのが地震災害です。地震観測や予測で震災への意識を高め、備えることが国家レベルで行われています。地震被害を軽減するには、日ごろからの備えと、周囲との関係構築、協力体制が必要で、個々が意識を高めることが大切です。

震災の備えをしっかりと

景色

情報をいち早くキャッチ

東日本大震災や熊本地震の被害をニュースなどで目の当たりにすると、災害の恐ろしさを実感せずにいられません。普段から災害グッズや食料品を確保しておくことの大切さを理解してはいるものの、実際それを行動に移せているご家庭がどれくらいいるでしょうか。また震災が起こったら数日間は物資が不足するため、家族の人数に合わせて準備をすればかなりの量になるのです。それと同時に大切なことは地震予報をいち早くキャッチすることです。最近はいち早く地震予報が自動的に配信されるようになっているので、昼夜問わずお住まいの市町村の地震予報放送を聞いたり、夜中にケータイの警報で目が覚めたりした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

日頃から知識や備えを

地震予報は地震の情報をいち早く知らさなければなりません。実際は予報があればすぐに大きな揺れを感じるのですが、最近の日本の住宅ではすぐに建物が倒壊するといった心配はないのですが、東日本大震災のように大きな津波が襲ってきた場合が怖いのです。また阪神淡路大震災のように火災の心配もあります。震災で大きな被害に遭わなければ、なかなか現実では日常生活が送れなくなってしまうことについて想像がつかない方が多いのも仕方がありません。しかし日頃から地震に対する備えがあれば、少なくとも身の安全を確保することができますし、いざとなったときに冷静な判断ができるはずです。日頃から地震に対する知識や対策を考えておく必要があるでしょう。