男の人

地震の予報を知らせてもらえるように設定しよう

  1. ホーム
  2. 災害の被害を少なくする

災害の被害を少なくする

困る人

観測と分析

災害の中でもっとも被害の範囲の広くなり、また二2次被害、3次被害をもたらす懸念が高いのが地震です。地震発生後に考えられる被害の懸念として、津波や火災、決壊、土砂崩れ、建物からの壁や瓦、ガラス片の落下、ライフラインの断裂、地割れなど様々な被害が2次被害3次被害として私たちを襲います。被害は人の生命や財産、健康をも奪うことがあり、日ごろから万が一の地震に対する意識を高めておく必要があります。それと共に国や行政、メディアによる注意喚起なども必要で、気象庁やマスメディア、民間団体などにより地震の観測や予測が行われています。地震観測は気象変化や電磁波による予測など、GPSを利用した周波による観測を利用した予測、それらを分析した専門家による今後の予測が行われています。

危機管理と対策意識

地震というのは高い観測技術や日頃の予測をしていても、ひとたび発生すると想定外の被害をもたらすことがあり、人はその地震エネルギーの脅威に成すすべもないということもあります。想定外の東北地大震災や阪神大震災などの教訓から国家レベルで、地震被害に強い国づくりに取り組んでいますが、もっとも問題となるのは、個人個人の意識であり、災害の時への備えや考えを持つことです。震災に見舞われると、ライフラインが絶たれ、食事や飲料が不足します。そのための貯えや、周囲との協力意識も必要となります。近年、近所付き合いや親族間の付き合いが薄れています。災害時には、協力体制が大切です。日頃から周囲との関係構築や万が一の際への備えをしっかりとしておくことです。